クレジットカード

header

クレジットカードの種類

クレジットカードは、大きくわけて4種類にわけられます。
・銀行と提携する会社との間で発行されている『銀行系カード』
・カード所有者の信用のみで発行する『信販系カード』
・デパートやコンビニ、専門店などで発行されている『流通系カード』
・自動車メーカーなどの各種メーカーが発行している『メーカー系カード』
今回はこの中でも、『銀行系カード』について紹介します。

メリット

UFJなどのメガバンクや、地方銀行、ネット銀行でも発行されているクレジットカードです。キャッシング即日が可能なカードもありますよね
クレジットカードではなくキャッシングでお金を借りることをメインに考えている方はお金を借りるノウハウ大全【キャッシングの即日審査、在籍確認等】を参考にするとよいでしょう。 銀行系カードは、キャッシュカードと、クレジットカードが一体型になっています。
その為1枚のカードで、2つの役割を果たすという便利なカードです。


またパスワードもキャッシュカードと、クレジットカードで別々に設定することもできるので、セキュリティー面でも安心です。その他には、クレジットカード利用代金の引き落とし口座も、同一カードの口座からとなり、管理もしやすく便利です。
またローンを組んだ場合に、金利が少し低くなる場合もあります。
また預金をするとポイントが貯まっていくものもあります。

デメリット

年会費が必要になります。他には、ポイント還元率は少し低いです。
例えばあるカードは100円で1ポイントのポイントがもらえるとします。しかし銀行系カードは200円で1ポイントの還元率になるとします。


そうすると同じポイント数を貯めるには、単純に倍の買い物をしなくてはいけなくなりますね。
カードの利用金額が大きくなればなる程、この少しの差が大きな差につながります。
また銀行系カードを発行する時は、他のカードの発行時と比較すると、審査が厳しくなるというデメリットもあります。

クレジットカードを作る時には申し込んだ時に審査があります。クレジットカードは信用がとても重要になってきますので、審査にも時間がかかり、今までのお金の使い方なども調べられます。もう少し詳しく審査内容を知りたい方はhttps://creditcard-exam.com/をぜひ読んでみて下さい。

また、クレジットカードは現金の利用ができないので急にお金が必要になった時にはカードローンをオススメします。
なおキャッシングやカードローンを利用する際にはお金を借りる際の最低限の知っておくべき情報というのがあります。そういった基礎知識をマスターするならwww.rauci.orgなどを読んでおくと役に立つはずです。ぜひ今後の借り入れに役立てて下さい。

↑ PAGE TOP