クレジットカード 住宅ローン

header

クレジットカードが住宅ローンに影響する噂は本当か?

クレジットカードには、ショッピングで利用する以外にも、カードローンやキャッシング機能が備わっていますね。クレジットカードを複数枚所持している場合、この利用額の上限を合算すると、大変高額な金額となります。

 

住宅ローンというものは、そもそも大変高額なローンを組むことになりますね。
他で借入金がある場合は、住宅ローンと合わせると、当然のことながら返済額が増えてしまいます。
となると当然のことながら、住宅ローンでの継続的な支払い能力を問われることになります。
その為今までのクレジットカード利用履歴を調べられることになり、住宅ローンに影響してしまうのです。

 

しかしこの時、単にクレジットカードを複数枚持っているだけでは、住宅ローンに影響を与えることには繋がりません。
あくまで以前の利用履歴により審査にかけられることになります。
その為、日常的なカードの利用目的がショッピングだけの場合は、住宅ローンに影響を与えることには繋がらないのです。
カードローンとしてや、キャッシングサービスとして利用しての利用履歴さえなければ、心配することはありませんので、安心してください。

しかしながら、ローンでの住宅の購入を考えている方からすると、キャッシング枠などを利用してしまった場合は、そのカードに傷をつけてしまうこととなりますね。
その為クレジットカードでの利用は、ショッピングの枠に留めておくことが大切になります。

審査を通過後も、カードの延滞履歴などにより信用を失うようなことが頻繁に起こるような場合は、一括で返済を求められるケースもあるので、カードの利用には最低限度の注意が必要です。

↑ PAGE TOP