クレジットカードの支払い滞納

header

クレジットカードの滞納

カードの支払の延滞ばかりを繰り返すことにより、ペナルティが発生します。
以前では紙ベースの請求書が届くのが一般的だったのですが、最近ではネットで明細を確認するのが一般的になりました。


ネットでの明細を希望した場合、メールにより何日までに入金しておくようにと教えてくれます。

しかし普段使っていないカードを使用してしまったなどで、銀行口座の残高まで把握できていなかった場合、当然ながら残高不足で引き落とし期日に間に合わなくなります。

 

支払期日に間に合わなかった場合、振り込み用紙がすぐに自宅に届くのですが、この支払いも怠ってしまい1か月以上が経過してしまうと、カードの会社の管理する振込み履歴に延滞履歴が残ってしまいます。


この延滞履歴が3回以上続くことにより、カードの利用を止められてしまいます。

また引っ越しなどによる住所変更により、カード会社から送られてきた紙が、住所不明で戻ってしまうことや、携帯や固定電話の番号を変更していたことにより、カード会社も連絡ができないなどの理由で、支払が更に遅れてしまった場合も同様に、カードは利用停止状態となり、使用できなくなります。
いわゆるブラックリスト入りです。

ブラックリストへ載ってしまった場合は、同系列のカードを5年~7年間発行できなくなる他、個人情報センターで事故履歴として記録されることになります。

 

口座の残高を常に確認しておくのは当然のことですが、普段使用しないカードは解約するか、全てのカードの引き落とし口座は一つで管理するなどで、支払を延滞することは防ぎましょう。
また勤務先も含めて、個人情報に変更点がある場合は、信用を失ってしまうことになるので、速やかに連絡するようにしましょう。

↑ PAGE TOP